RSウイルス感染症の流行について(保健センター)


RSウイルス感染症の流行について

RSウイルス感染症患者数が全国的に例年より増加傾向となっています。RSウイルス感染症に注意してください。

■RSウイルス感染症とは
RSウイルスへの感染による呼吸器感染症です。感染すると、軽い風邪の様な症状から重い肺炎まで症状は様々です。乳幼児が感染すると、肺炎や気管支炎を起こすことがあります。特に心肺等に基礎疾患があると重症化しやすいといわれています。RSウイルスには、2歳までにほぼ全員が感染しますが、生涯にわたって感染を繰り返します。再感染以降では、風邪様症状または気管支炎症状のみであることが多く、RSウイルス感染症と気づかない人もいます。
RSウイルス感染症は、RSウイルスに感染している人が咳やくしゃみ、または会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込む飛沫感染や、ウイルスがついている手指やウイルスがついている物を触ったり、なめたりすることによる間接的な接触感染で感染します。

■予防のポイント
・咳等の呼吸器症状がある時は、マスクを着用しましょう。
・子どもが日常的に触れるおもちゃ、手すり等はこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、流水・石鹸による手洗い、またはアルコール製剤による手指消毒を行いましょう。
・乳幼児に呼吸器症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP